にきびを予防するには

にきびとは、毛穴が皮脂で詰まることによっておこる皮膚の炎症性疾患のことをいいます。
にきび予防のサイトはこちらです。

顔や胸、背中などの皮脂の出やすい部分にできることが多い疾患です。毛穴がホルモンと細菌、皮脂の相互作用によって炎症することで起こります。詰まった毛穴に乾いた皮脂や角質が溜まり、皮膚の常在細菌がそれをエサに増殖することで炎症がおこったり、膿がたまってしまいます。酷い場合には毛穴が破れて中身が流れ出て炎症が広がったり、皮膚が深く傷つくことによって炎症が治ってもにきび跡となってしまう危険性もあります。にきびを予防するためには、清潔にすることが大切です。たっぷりの泡で洗顔をして、水でしっかりと泡を洗い流し、タオルで優しく肌に負担をかけないように水気を拭いたあと、保湿と水分を逃がさないように蓋をするスキンケアで膚の乾燥を防ぐことなどが大切です。

ほかにも予防をするためには、雑菌つかないようにシーツや布団は清潔を保つ、肉類中心の偏った食事ではなく、甘い物や油分、アルコールなどは過度に摂ったりせずに、抗炎症作用のあるビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンB2などを積極的にとることなどがおすすめです。また、睡眠不足になると肌のターンオーバーが正常に行われなくなるため、質の良い睡眠を心がけることも重要です。食事や睡眠による生活改善することによって予防することができるほか、にきび用のスキンケア用品を使用することも効果的となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *