治りにくいにきびはできないように予防しよう

できてしまったにきびを綺麗に治すためには、時間やケアが必要となります。
にきびのサイトはこちらです。

できる前に、予防することを心がけましょう。まず、にきびができてしまう原因として、いくつかのことが考えられます。

思春期の場合、皮脂の分泌が活発になることが主な原因となります。大人にきびの場合、ストレスや睡眠不足、不規則な生活によるホルモンバランスの崩れなどが原因と考えられます。
にきびを防ぐためには、肌を清潔な状態に保つこと、過剰な皮脂をとって毛穴を詰まらせないようにすること、規則正しい生活を送ること、が必要となります。

毛穴詰まりを予防するためにも、定期的なピーリングは効果的です。

専用のピーリング剤を使用し、古くなった角質を取り除いて肌のターンオーバーを促します。
しかし、肌への負担もあることから、にきびがある肌にはできません。

また、敏感肌の人や、生理前や生理中の人も避けましょう。
肌を清潔にするため、洗顔は大きなポイントとなりますが、洗顔のしすぎはかえって肌によくありません。
過剰な洗顔は、肌に必要な潤いも奪ってしまうため、肌が乾燥してより皮脂を分泌しようとしたり、毛穴を詰まらせやすくします。また、清潔さを保つためには、枕カバーやシーツにも気を配りましょう。

直接肌が触れるものなので、枕カバーはなるべく毎日変えましょう。

いろいろな予防がありますが、どれも基本的なことです。

気にしすぎもストレスになりますので、負担にならない程度に取り入れていくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *