にきびは予防も大事です

できてしまってから治療することが多いにきびですが、できなければそれに越したことはありません。
にきびのサイトはこちらです。

できてしまってから悩むより、日頃の習慣を見直し「にきびを予防する」という生活をしてみていかがでしょうか。

にきびができてしまってからの辛さもありますが、治った後も「跡になった」「赤みが残る」といった症状で大切なお肌に影響が出ては大変です。
「できたから治す」よりも「できる前に予防する」というケアの仕方もあるのではないでしょうか?予防法は簡単なものが多いですが「髪の毛が顔に当たらないように縛る、まとめる、ヘアバンドやカチューシャなどを使ってアップにしておく」とか、よく言われることですが「夜更かしをしない」ということと、有名なのが「ビタミンCをとる」「油ものをとらない」です。

小顔に見せるために前髪や横の髪を顔にかかるようにセットしている方は、毛先がよくあたっている部分にトラブルがでていないかチェックなさるといいかもしれませんし、その部分によくトラブルがある方はイメージチェンジをはかってみては。

あとお若い方は夜更かしをしてもなんてことないって方が多いかと思いますが、やはり続けているとなんとなく肌が固くなってきます。

それは疲れや表情のこわばりではなく肌が疲れたサインかもしれません。

油を摂取することはある程度健康にも必要ですが、過剰に摂取しすぎるといいことはありません。

肌がてかり始めたら「あぁもういいのかな」と思ってセーブすることも必要かと。

ビタミンCもただ多く摂取すればいいというものでもなく、一度に体が吸収できる量を覚え、吸収を助ける栄養素と共に、継続していくことが大切だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *