何はともあれOLの情報 http://whlaoxi.com My WordPress Blog Mon, 30 Jan 2017 05:47:27 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 治りにくいにきびはできないように予防しよう http://whlaoxi.com/?p=20 http://whlaoxi.com/?p=20#respond Mon, 30 Jan 2017 05:47:27 +0000 http://whlaoxi.com/?p=20 できてしまったにきびを綺麗に治すためには、時間やケアが必要となります。
にきびのサイトはこちらです。

できる前に、予防することを心がけましょう。まず、にきびができてしまう原因として、いくつかのことが考えられます。

思春期の場合、皮脂の分泌が活発になることが主な原因となります。大人にきびの場合、ストレスや睡眠不足、不規則な生活によるホルモンバランスの崩れなどが原因と考えられます。
にきびを防ぐためには、肌を清潔な状態に保つこと、過剰な皮脂をとって毛穴を詰まらせないようにすること、規則正しい生活を送ること、が必要となります。

毛穴詰まりを予防するためにも、定期的なピーリングは効果的です。

専用のピーリング剤を使用し、古くなった角質を取り除いて肌のターンオーバーを促します。
しかし、肌への負担もあることから、にきびがある肌にはできません。

また、敏感肌の人や、生理前や生理中の人も避けましょう。
肌を清潔にするため、洗顔は大きなポイントとなりますが、洗顔のしすぎはかえって肌によくありません。
過剰な洗顔は、肌に必要な潤いも奪ってしまうため、肌が乾燥してより皮脂を分泌しようとしたり、毛穴を詰まらせやすくします。また、清潔さを保つためには、枕カバーやシーツにも気を配りましょう。

直接肌が触れるものなので、枕カバーはなるべく毎日変えましょう。

いろいろな予防がありますが、どれも基本的なことです。

気にしすぎもストレスになりますので、負担にならない程度に取り入れていくとよいでしょう。

]]>
http://whlaoxi.com/?feed=rss2&p=20 0
にきびは予防も大事です http://whlaoxi.com/?p=17 http://whlaoxi.com/?p=17#respond Mon, 30 Jan 2017 05:46:01 +0000 http://whlaoxi.com/?p=17 できてしまってから治療することが多いにきびですが、できなければそれに越したことはありません。
にきびのサイトはこちらです。

できてしまってから悩むより、日頃の習慣を見直し「にきびを予防する」という生活をしてみていかがでしょうか。

にきびができてしまってからの辛さもありますが、治った後も「跡になった」「赤みが残る」といった症状で大切なお肌に影響が出ては大変です。
「できたから治す」よりも「できる前に予防する」というケアの仕方もあるのではないでしょうか?予防法は簡単なものが多いですが「髪の毛が顔に当たらないように縛る、まとめる、ヘアバンドやカチューシャなどを使ってアップにしておく」とか、よく言われることですが「夜更かしをしない」ということと、有名なのが「ビタミンCをとる」「油ものをとらない」です。

小顔に見せるために前髪や横の髪を顔にかかるようにセットしている方は、毛先がよくあたっている部分にトラブルがでていないかチェックなさるといいかもしれませんし、その部分によくトラブルがある方はイメージチェンジをはかってみては。

あとお若い方は夜更かしをしてもなんてことないって方が多いかと思いますが、やはり続けているとなんとなく肌が固くなってきます。

それは疲れや表情のこわばりではなく肌が疲れたサインかもしれません。

油を摂取することはある程度健康にも必要ですが、過剰に摂取しすぎるといいことはありません。

肌がてかり始めたら「あぁもういいのかな」と思ってセーブすることも必要かと。

ビタミンCもただ多く摂取すればいいというものでもなく、一度に体が吸収できる量を覚え、吸収を助ける栄養素と共に、継続していくことが大切だと思います。

]]>
http://whlaoxi.com/?feed=rss2&p=17 0
しつこいにきびを予防しよう http://whlaoxi.com/?p=14 http://whlaoxi.com/?p=14#respond Mon, 30 Jan 2017 05:44:53 +0000 http://whlaoxi.com/?p=14  若い頃はにきびなんて出来たことがない方でもいつ出来るかわかりません。
にきびの情報をまとめました。

15歳前後になると、皮脂腺が活発になることで肌荒れしやすくなります。

にきびは脂性肌の方に出来やすい傾向があります。

皮脂が多いと毛穴が詰まりやすくなります。
毛穴に皮脂が溜まると、古い角質と混ざり合い角栓が出来てしまうこともあります。

その結果、にきびが繰り返し出来てしまいます。

予防法としては、正しい洗顔をしていれば、毛穴の汚れを取り除くことが出来ます。

朝と晩の2回は必ず顔を洗いましょう。

皮脂が気になって一日に何度も洗顔することは良くないです。

あまり顔を洗ったり擦ったりすると、バリア機能が弱まり肌荒れしやすくなってしまいます。

洗顔をした後には、必ず保湿ケアをしましょう。

クリームなどを塗り、乾燥させないことが大事です。

化粧水を付けるなら、ビタミンCが含まれたものがお勧めです。

肌を触ってみて、もちもちしていれば保湿ケアは十分出来ていることになります。小さなにきびならそこまで気にしなくてもすぐに治りますが、大きなにきびが出来た時には要注意です。触ったりすることで更に悪化してしまいます。

潰したりしないように気を付けましょう。チョコレートやアーモンドを食べすぎると、肌荒れしやすくなります。

甘いお菓子や揚げ物はなるべく控えるようにしましょう。

飲み物はコーヒーなども刺激物となりますので、あまり多く摂取しないように気を付けることが大事です。

]]>
http://whlaoxi.com/?feed=rss2&p=14 0
にきび予防には絶対に保湿 http://whlaoxi.com/?p=11 http://whlaoxi.com/?p=11#respond Mon, 30 Jan 2017 05:43:49 +0000 http://whlaoxi.com/?p=11 にきびができやすい人とできにくい人がいますが、できやすい人はぜひともにきびが発生する前に予防したいものですね。
にきび予防のサイトはこちらです。

しかし、どうして自分はにきびができやすいのかよくわからないし、どうやって防いだらいいのか迷っている方が多いでしょう。確かに体質は人それぞれですし、何が自分に合うのかというのはやってみないとわからないということも多々あります。しかし、どんな人にとっても予防にとても大事なことがあります。それは保湿なのです。実は乾燥こそがとても肌にとって悪いものなのですね。なぜかというと、肌の水分がバリアとなって外的な刺激や雑菌からお肌を守っているからなのです。水分量が不足すると、そのバリアが崩れて外的刺激や雑菌の攻撃に耐えられなくなります。乾燥肌でも肌がテカテカしていることをインナードライといいますが、これは水分量不足のために皮脂量が過剰になっているのです。この過剰な皮脂が、ますます雑菌のエサとなって炎症を増やす結果となります。これを防ぐためにはやっぱりなんといっても保湿に力を入れることが重要です。化粧水をたっぷり使ってきちんと肌に浸透させ、その上から必ず蓋としてオイルやクリームなどを塗ります。にきびができやすいと、ついついクリーム類は避けてしまいがちになりますが、蓋がないと水分が蒸発してますますの乾燥を招くので、しっかり使うことを心がけましょう。悪化するとしたらおそらくつけすぎが原因ですから、分量は小豆大くらいを目安に薄く伸ばすようにしましょう。

]]>
http://whlaoxi.com/?feed=rss2&p=11 0
にきびの根本原因の予防にビタミンE http://whlaoxi.com/?p=8 http://whlaoxi.com/?p=8#respond Mon, 30 Jan 2017 05:42:37 +0000 http://whlaoxi.com/?p=8 ビタミンEは抗酸化作用で知られるビタミンです。ビタミン類は肌のケアに役立つものが多いですが、ビタミンEはにきびの根本原因を取り除いて予防してくれるビタミンです。
ニキビ対策のサイトはこちらです。

なぜビタミンEがにきび予防に役立つかというと、ホルモンバランスを整えてくれるからです。男性ホルモンの分泌が優位になってしまうと角質が硬くなってしまい、角栓が毛穴に詰まってしまう危険性が高くなります。逆に考えれば、女性ホルモンが優位になれば角栓による皮脂詰まりのリスクが低くなるということです。ビタミンEは卵巣や脳下垂体に働きかけて女性ホルモンの分泌を高める作用があるので、角栓による皮脂詰まりのリスクを減らしてにきび予防に役立ってくれます。ホルモンバランスの乱れによるにきびならば、ビタミンEを積極的に摂取すると良いでしょう。そのほか、ビタミンEにはターンオーバー(肌の新陳代謝)の促進と抗酸化作用もあります。ターンオーバーが正常(28日周期)で行われていれば、にきび痕になっているメラニン色素が排出されるので綺麗に治すことが出来ます。抗酸化作用は肌の老化を防いでくれるので、アンチエイジング一般にも効果的です。ビタミンEが多く含まれている食材には、豚レバー、牛レバー、魚肉ソーセージ、などがあります。1日の推奨摂取量は8.0mg以上となっているので、積極的に料理に使ってみましょう。ホルモン療法などの方法もありますが、食事でホルモンバランスを整えたいならばビタミンEを意識してとりましょう。

]]>
http://whlaoxi.com/?feed=rss2&p=8 0
にきびを予防するには http://whlaoxi.com/?p=5 http://whlaoxi.com/?p=5#respond Mon, 30 Jan 2017 05:41:23 +0000 http://whlaoxi.com/?p=5 にきびとは、毛穴が皮脂で詰まることによっておこる皮膚の炎症性疾患のことをいいます。
にきび予防のサイトはこちらです。

顔や胸、背中などの皮脂の出やすい部分にできることが多い疾患です。毛穴がホルモンと細菌、皮脂の相互作用によって炎症することで起こります。詰まった毛穴に乾いた皮脂や角質が溜まり、皮膚の常在細菌がそれをエサに増殖することで炎症がおこったり、膿がたまってしまいます。酷い場合には毛穴が破れて中身が流れ出て炎症が広がったり、皮膚が深く傷つくことによって炎症が治ってもにきび跡となってしまう危険性もあります。にきびを予防するためには、清潔にすることが大切です。たっぷりの泡で洗顔をして、水でしっかりと泡を洗い流し、タオルで優しく肌に負担をかけないように水気を拭いたあと、保湿と水分を逃がさないように蓋をするスキンケアで膚の乾燥を防ぐことなどが大切です。

ほかにも予防をするためには、雑菌つかないようにシーツや布団は清潔を保つ、肉類中心の偏った食事ではなく、甘い物や油分、アルコールなどは過度に摂ったりせずに、抗炎症作用のあるビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンB2などを積極的にとることなどがおすすめです。また、睡眠不足になると肌のターンオーバーが正常に行われなくなるため、質の良い睡眠を心がけることも重要です。食事や睡眠による生活改善することによって予防することができるほか、にきび用のスキンケア用品を使用することも効果的となります。

]]>
http://whlaoxi.com/?feed=rss2&p=5 0