ドクターヘリ, ヘリコプター, 医療

瓶の中のビニールは医薬品輸送のため

瓶やプラスチック容器に入った錠剤を購入すると、中にビニールが詰めてあります。あなたはそのビニールはどうしていますか?薬を取り出すたびにビニールを瓶の中から取り出して、机の上に置いて、瓶の中から薬を取り出して服薬した後は、またビニールを瓶に戻していませんか?実はこれは、やって欲しくないことです。瓶入りの医薬品やプラスチック容器入りの医薬品の中に詰めてあるビニールは、何のためなのでしょうか。実はあのビニールは医薬品を輸送する際に、錠剤が欠けたり割れたりするのを防ぐためです。

医薬品をトラックなどで輸送する時は、瓶や容器が振動で揺れます。すると錠剤同士がぶつかり合って、欠けたり割れたりするので、それを防ぐためにビニールを詰めています。したがって、無事に輸送が終わって瓶や容器に振動を与えることがなくなれば、あのビニールは必要ありません。購入後に使用する時には、取り出してください。

ビニールを机の上に置いてしまうと、その時点でビニールにはバイキンがついてしまいます。バイキンのついたビニールを長期間容器の中に入れておくと、薬にもバイキンが移ってしまいます。また、ビニールを入れたままにすると、薬が湿気を帯びる原因にもなります。薬のパッケージには、ビニールは開封後は取り出して捨ててください、ということを表記しているはずなのですが、読んでいない人が多いのは非常に残念です。

製薬会社は薬を製造して瓶や容器に詰めたらそれで終わりではなく、安全に輸送することや、品質を落とさずに輸送してあなたの元へ届けることにも気を配っています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です