IT・通信関連, MMS, ブランド

MMSって何?SMSとの違いを知っておこう!

携帯電話でメッセージを送受信するには、MMSかSMSというサービスがよく使われます。一般的に耳にするのはSMSで、これはショートメッセージサービスを略したものです。携帯電話の番号さえあれば、その番号あてにチャット形式でメッセージの送受信ができます。キャリア携帯だけでなく、格安SIMの利用者も送受信可能なのが特徴です。

ただしSMSの場合は短いメッセージを想定しているため、画像やデータファイルの送信ができず、1度に送信できる文字数が限られています。基本的には70文字ですが、近年では送信できる文字数が増えています。しかし受信は無料ですが、送信時には文字数により料金が異なるので注意が必要です。対してMMSはマルチメディアメッセージングサービスを略した言葉で、キャリア独自のアドレスで送受信するため、格安SIMの利用者の多くは利用することはできません。

MMSの特徴はどれだけ長文になっても送受信できること、画像やデータファイルなどのやりとりが可能なことです。データ通信を利用するため通信量は消費しますが、それ以上の費用は発生しないため、通信量に余裕があれば申し込み不要で利用できるのがメリットです。SMSは電話番号さえわかれば比較的簡単に利用できるため、スマホを持たない方や、本人確認に使えるのがメリットといえます。もちろん最近ではメッセージアプリなども多くありますし、フリーメールなどでもデータファイルの送受信ができるため、相手や用途に合わせてつかるようにするとよいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です