IT・通信関連, MMS, ブランド

MMSとはどんな技術?

ここでは、モービルマッピングシステム(MMS)のケーススタディを紹介します。MMSモービルマッピングシステムは、公共測量の分野でも使用されており、「道路台帳マップ」や「下水道情報管理システム」の更新が可能です。道路台帳は、車両による日々の道路建設により変化する地形データを測定し、デジタルデータとして扱うことができます。同様に、下水道管理システムは、従来の紙ベースの地図を参照してGPSで測定された座標データを使用します。

以前は、道路の長さやマンホールの位置を測定するために現地調査を行っていました。ただし、モービルマッピングシステムを使用すると、車両は3Dデータを取得して地図データを作成できます。特に、都道府県道路や交通量の多い国道でも正確なマンホールの位置や属性を測定できるため、安全に役立ちます。これらの地図は、CADソフトウェアを使用してオペレーターが更新でき、データを共有できます。

したがって、データ収集のためのデータマッピングシステムは最も重要なタスクです。さらに、モービルマッピングシステム(MMS)は、トンネルの状態を評価するためにも使用されます。近年、台風や大雨により、地滑りや洪水が頻繁に発生しています。このような災害によるトンネル事故を未然に防ぐため、従来のベテラン労働者による検査に加え、高精度のGPS測定、ビデオカメラ、レーザー認識を採用しています。

モービルマッピングシステムは、トンネルの安全な運用を維持する上でも重要な役割を果たします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です