IT・通信関連, MMS, ブランド

MMSとはどんなシステム?

ここでは、MMS(モービルマッピングシステム)を紹介します。モービルマッピングシステMMS(MobileMappingSystem)は、3Dレーザー測定装置とデジタルカメラを使用して、道路や周辺の3Dデータと連続画像を取得する車載装置です。最近、市内を走る車の屋上に測定器を搭載した車を見たことがあるかもしれません。モービルマッピングシステムは、主に「地形測定」と「マッピング」に使用されます。

現在、地図データもデジタルデータとして扱われ、ビッグデータを分析した自動運転やスマートフォンなどのナビゲーションシステムに利用されています。器機の構成には、複数の3Dレーザー測定器とデジタルカメラが装備されています。測定方法は、3次元レーザー測定器で測定した位置データとカメラで測定した動画データを重ね合わせて正確な画像を投影する方法です。使用する車はミニバンまたはワゴン車で、助手席と後部座席には確認・計測確認装置用のタッチパネルディスプレイを配置している。

現在では、分析の専門知識がなくてもデータ分析ができるように設計されています。地形計測では、キャプチャしたカメラ画像を変換して平面データを作成できます。3D画像から3D画像データを作成することも可能です。車両もオーダーメイドであり、モービルマッピングシステムは測定の種類に応じてカスタマイズできます。

今後は、より地形や地図データの必要性が高まってくるので、街中でMMSを搭載したクルマがたくさん登場するはずです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です