IT・通信関連, MMS, ブランド

SMSとMMSの違いとは??

SMSとは、「ShortMessageService(ショートメッセージサービス)」の略で、自分の持つスマホなどの番号を使って、チャット形式でメッセージを送ることが出来るサービスです。ショートメールなどと呼ばれることもあります。Wi-Fiでは使用不可で1回に送れる文字数には制限があり、画像送付や添付が出来ないという特徴があります。送信料は文字数によって増え、受信料は無料です。

注意しておきたいのは、TwitterやInstagramなどのインターネットを媒介として、社会的な繋がりを作り出すサービス「SNS」=「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」とは全く異なるものだということです。ウェブサービスなどでの個人認証に使われることも増えており、SMSにパスワードを送る「SMS認証」として活用されることもあります。一方で、「MMS」というものがあるのはご存じでしょうか。「MMS(マルチメディア・メッセージング・サービス)」の略で、あまり聞きなれないかもしれませんが各携帯キャリア独自のメールアドレスを使用して、メールや画像を送れるサービスのことを指します。

一般的にキャリアメールと呼ばれることもあります。MMSは、文字数制限がなく絵文字なども送ることが可能です。テキストだけでなく音声、写真や動画などのファイルも送付することができます。パソコン(Eメール)とのやり取りも可能でビジネスシーンで活用している人はとても多くいます。

現在はauとソフトバンクがMMSに対応しており、ドコモのキャリアのアドレスは非対応となっています。iPhone同士でやり取りできる、iMessageというMMSに類似したサービスも存在しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です