ビジネス/オフィス, 航空レーザー計測, 計測

地上の様子を三次元的に把握できる航空レーザー計測

ある地域の様子を広範囲にわたって知るには、航空写真を活用するのが合理的です。上空に航空機を飛ばして写真撮影を行うことで、たとえば宅地開発がどの程度進んでいるか、農地がどのように耕作されているかといったことを画像によって知ることができます。ただ、言うまでもないことですがこうした写真から得られるのはあくまでも平面的な情報です。広さや長さなどの二次元の情報は得られても、高さや奥行きを知ることができません。

そのため、たとえば山岳地帯において各地点の標高がどらぐらいであるか、どの程度の傾斜で稜線が形成されているのかといったこと調べるには不向きです。そのような情報を知りたい時は、航空レーザー計測と呼ばれる別の技術を使用します。航空レーザー計測は、航空機を使って上空から地上の様子を知るという点では航空撮影とよく似ています。異なるのは作業に用いる機器で、航空撮影ではカメラを使うのに対し、航空レーザー計測ではレーザー計測機を使います。

レーザー計測機はレーザー光を用いて対象物までの距離を測ることのできる機器で、据付型の機種は地質測量などによく使われています。これを航空機に搭載し、地上に向けてレーザーを照射することで、照射地点までの距離から標高を算出します。レーザーの照射回数は、1秒間に数十回から数百回に達します。また、照射可能な範囲も数キロメートル四方にわたります。

そのため、それぞれの照射地点におけるデータを結べば、地上における起伏の様子を詳細に知ることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です