ビジネス/オフィス, 航空レーザー計測, 計測

航空レーザー計測なら険しい山林の様子も把握できる

製造業などの分野では、レーザー計測と呼ばれる技術がよく用いられています。これは、物体に向かってまっすぐ飛んでいき、反射するとまっすぐ戻ってくるというレーザー光の原理を応用したもので、照射してから反射光が返ってくるまでの時間を計ることで対象までの距離を割り出すことができます。これを工業製品に対して用いるとその形状を精密に測ることができるため、試作品を複製する時の基礎データを取得する際などに利用されます。この技術は、さらにスケールの大きな分野でも利用されています。

それが、航空レーザー計測です。これは地上の様子を空から観察・記録する技術で、地図の製作から自然災害の状況把握、大規模地域開発のための資料作りなどさまざまな用途に使われています。航空写真と異なり立体的なデータが得られるうえ、曇天時や夜間でも作業ができるという利点があります。航空レーザー計測では、航空機に計測機器を搭載して上空を飛行し、地上に向けて1秒間に数十回、数百回といった間隔でレーザー光を連続照射します。

そして反射して戻ってくるまでの時間から地上までの距離を割り出し、さらに航空機本体の移動に伴うデータの補正を行います。すると、飛行経路に沿った地上の起伏を三次元の座標データとして取得することができます。たとえば人が入り込むのが難しいような山林地帯でも、航空レーザー計測を使えば上空を飛ぶだけで標高や山肌の傾斜具合などを調べることが可能になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です