ビジネス/オフィス, 撮影, 空撮

空撮を依頼するときにかかる費用の基準について

ドローンなどを使って空撮を依頼するときにかかる費用は、写真か動画かで値段は変わってきます。料金の基準は写真の場合は搭載するカメラの性能によってオプション料金が上下することが多いです。ビデオ撮影を行う場合は、搭載するカメラの性能に加えフルハイビジョン撮影・4K撮影などといった撮影解像度によってオプションの値段が決められていることが多いです。オペレーター数でも空撮の代金は変わります。

通常はドローンを操作する人だけでも可能ですが、空撮の依頼内容によってはドローン機体の操縦操作・カメラのアングル操作を別々のオペレーターが行うカメラの機種も存在しますので、その際にはオペレーターを追加で必要とするケースもあることを覚えておくと良いです。そのほかにかかる費用としては、現地までの交通費が挙げられます。この場合は、業者の住所から一定の距離までを基本料金に含むケースもありますが離れている場所では出張代金が発生する点を留意しましょう。空撮の条件が厳しい場合には下見をすることが必要なケースもあり、その場合にはロケハン費用として出張費や人件費などの費用が発生する場合もあります。

その日の空撮が悪天候などでできなくなった場合には、再撮料金が生じることもあります。また、仮に依頼する側がキャンセルを希望する場合には、その日が撮影の予定日から何日前なのかによりキャンセル料を支払うというケースがあるので、契約内容をあらかじめ業者に確認しておくことも重要です。編集代金も含めるとトータルで10万円から30万円が相場となります。空撮のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です