システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

3Dデータによる空間情報を活用する

3Dレーザースキャナ計測やUAV空撮などの3D空間情報を活用することでモデリングを始め、シミュレーションやアニメーションやVRなどに役立てます。そして空間情報のデータならプラントをはじめ、土木建築や構造物に遺跡などで3D計測やUAV空撮から点群データを作成してCAD作成やメッシュ作成、データ等を提供する会社があります。まずレーザースキャナーを使った計測はあらゆる業務を改善することができるので、バラスト水処理装置搭載設計では3DLS計測で取得した点群を利用できます。また計測は遺跡や遺構や石垣などの歴史的建造物の保全のため、現況をそのままデジタルデータとして保全するのに利用されていて、考古学や歴史学の発展に貢献しています。

それからプラントで2D図面が無い時や改造したことで現況がわからない時は、計測データを使った図面作成やモデル化により修繕コストを大幅に削減します。それからモデリング3DCAD計測合成によって、点群データをもとに3DCADなどの空間情報を作成し正確なモデルは2D図面作成や干渉確認等様々な2次利用が可能です。そして3Dモデルを作成することで干渉検証の動画等を作成することができ、プレゼンテーションに活用したり3D計測による正確なモデルデータの検証動画が作れます。さらにデータと併せてパノラマコンテンツを制作していて、ウォークスルー映像やコンテンツの訴求力を高めるパノラマ動画を作成しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です