システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

空間情報の意味と利用について

国内旅行や国際旅行をおこなった際、私達がまだ行った事のない地域に出向いた時にその地域の情報を得るために観光マップを用いる事がよくあります。この観光マップには、その地域の地理的な特徴とともに、名所旧跡や展望スポットや美味しい料理が食べられるレストランや居酒屋などの観光情報が掲載されています。この様な観光マップは、楽しい旅行をするために大変有用ですので、多くの旅行者が購入します。各出版社からの工夫を凝らしたいろいろな観光マップが数多く販売されています。

ここで注意すべき重要な点は、この観光マップは単なる地理情報だけを記載した単なる地図ではない事であり、位置情報に紐付けする形で、その位置に関連する付加情報を記載している点が重要なポイントです。この様な空間の各位置における地理的な情報とともに関連する情報を付加したものを地理空間情報、あるいは空間情報と呼びます。この空間情報の利用法としては、ここまで例として挙げた観光マップの様な身近なものから、土地利用や資源探査に加え災害対策まで幅広いものがあります。その為、空間情報を総合的に取り扱うためにGISと呼ばれる地理情報システムが国土地理院などで開発されています。

この様な流れは国内に留まらず全世界に幅広く行われており、急速に発展中です。この様な技術の発達の為には、ソフトウェアやインターネットに関する技術が不可欠ですので、システム構築についての技術開発も幅広く行われて来ています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です