システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

空間情報とそれに付随する属性情報

情報社会になるということは、様々な情報が個別に存在することで価値のない情報がたくさん存在するということです。地図上の位置情報に関連付けられていることで空間情報と呼ばれる情報は価値ある情報で扱うことができます。地域や特定の地点の状態や様子を表す情報であり、「地理空間情報」とも呼ばれているのです。地物や事象の状態を表すために情報を大別すると2つの要素を持っています。

気球上での位置や形状であらわされる「空間情報」、それに付帯する「属性情報」に分けることができるのです。現実世界で複雑に絡み合って様々な地理情報を抽象化し、分類・簡略化することでデジタル情報として活用することができるようになります。デジタルデータを統合的に管理し加工することで視覚的なデータにすることができます。属性情報を伴っている地理空間情報を使うことで多くの事業に活用するデータとしての価値を持つこととなるのです。

そのようなデータは多くありますが、一体的な管理が進めば多くの企業や公共団体が空間情報を活用することも可能になります。現在、地方公共団体では過去に水害や土砂崩れが起こった場所を特定し位置情報で防災に利用しているのです。ハザードマップを位置情報で地図上に特定することで価値ある情報として公表しています。付随した情報を関連付けることで、住民が避難するにあたってのロードマップなどが作成することができます。

個々の情報を統合して企画をたてるとき。貴重な情報で用いることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です