システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

空間情報の活用方法とは

空間情報は文字通り、空間をデータにして取り扱う情報のことで、今では屋内外の様々なシーンで活用されています。住宅や建物に関する空間情報は、立体的に構造や位置関係を把握するのに便利で、設計のシミュレーション用途などにも活躍します。数字や平面の図面と比べて、より視覚的かつ直感的に理解できますから、幅広く活用が行われているのも頷けます。一方、街中では人の動きや環境の管理などにおいて、室内と同じく空間情報が用いられることが多々あります。

GPSは今や誰もが無意識的に使っていますし、GPSがないと成り立たないサービスも少なくないので、その重要性は非常に高いといえます。空間情報といえば地理にも深く関わることで知られており、地形や周辺環境などと一緒に、GPSと共に活用されるケースも珍しくないです。近年は民間企業も有用性に目をつけ、積極的に活用する事例が増えていますから、誰にとっても無視できないことだと考えられます。一見無関係で無価値と思われる断片的な情報でも、空間情報と考えて分析を行うと、複数の情報から関連する重要な情報が見えてくることがあります。

具体的には個人が撮影した写真や位置情報、発言の内容といった要素で、SNSの投稿が代表的なものに挙げられます。使い方を誤ると悪用されるリスクもありますが、災害時の避難や対応のように、とても価値ある活用方法も存在しますから、メリットとデメリットは表裏一体で使用方法こそが重要だと分かります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です