ビジネス/オフィス, 航空レーザー計測, 計測

環境保護にも役立てられる航空レーザー計測

山には木が生えていて、自然環境を守る働きをしています。もし、山に木が生えていない場合に大雨が降ると雨は直接山の斜面に降り注ぎ、時間の経過とともに土砂災害を引き超すことになります。しかし、木が生えている場合は葉などがクッションとなって大地に直接雨が降り注ぐことがない、大地には植物の根が生えているため雨を吸収して飽和させる働きがあります。また、山生い茂る木は定期的な伐採などの管理を行うことが自然環境を維持するコツに繋がります。

もし、伐採をせずに放置してしまうと生い茂った葉は太陽の光を遮断してしまうため大地に光が届かなくなり、大きな木の下側にある植物に悪影響を与えてしまうことになるわけです。航空レーザー計測は、文字通り航空機とレーザー光線を使った計測手法になりますが、一度に広範囲のエリアの測量ができる利点を持ちます。そのため、森林状況の把握などの目的で航空レーザー計測が活用されることが多い、山の斜面に生い茂る植物の管理にも最適です。しかも、航空レーザー計測は人が入ることができない山奥などでの測量も可能にしますので、人力により測量ができな山の管理にも最適であるといえましょう。

航空レーザー計測により森林の状況を確認する、生い茂っている場所が多いときには伐採を行う、逆に山肌が見えているような場合には植林を行い自然環境を最適化させるなど地球の自然を維持するために役立てられるのも航空レーザー計測の特色の一つです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です