ビジネス/オフィス, 航空レーザー計測, 計測

航空レーザー計測なら川底の様子も上空から分かる

人が簡単に立ち入ることのできない山岳地帯などの様子を調べるには、航空機を使って上空から画像撮影を行う手法が一般的です。最近ではドローンと呼ばれる小型飛翔体を使い、地上から遠隔操作しながら撮影を行うことも可能です。ただ、言うまでもなく写真画像から分かるのは2次元レベルの状況のみであり、たとえば地面の起伏などを細かく調べるのには向いていません。そうした目的で地上の様子を確認したい時は、航空レーザー計測と呼ばれる技術を利用します。

航空レーザー計測は、地質測量などにおいてよく用いられるレーザー計測を応用した技術です。レーザーは対象物に当たるとまっすぐ跳ね返ってくる性質があるため、照射してから反射光が戻ってくるまでの時間を計測することで対象物までの距離が分かります。航空レーザー計測では、このレーザー光を1秒間に数十回あるいは数百回というインターバルで地上に向かって連続照射することで、標高差などを立体的に把握することができます。また、レーザーは厚みがそれほど大きくない物質を透過する性質を持っているため、樹木の葉などは通り抜けます。

そのため、たとえば森林におおわれた山肌であっても、稜線の様子などを上空から正確に記録することができます。さらに、河川や湖などにレーザーを照射すれば、水を透過して底面の様子を記録することも可能です。こうした特徴は、表面の様子しか知ることのできない航空写真にはないものです。航空レーザー計測のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です