ビジネス/オフィス, 撮影, 航空機

無人航空機を利用したカメラ撮影の応用

近年、数十センチサイズの小さな無人航空機の制作技術が向上し、一般の分野でも広く用いられるようになりました。また2015年に航空法が改正され、ドローン飛行の規制や許可に関する一般的なルールが定められたことにより、無人航空機を活用するための様々な基盤が整備されたといえます。その中でもカメラ撮影は、無人航空機の普及により大きく活用の可能性が広がっています。観光地や自然景観などでの空撮が広く一般でも可能となりました。

これにより美しい自然や風景などを撮影することによって、観光業界のPR効果、アピール効果の上昇にも繋げられます。有人の航空機は、重量もかなりあり燃料を消費しがちですが、これは電気で動くものが多いので環境にも非常に配慮されています。スポーツにおけるカメラ撮影技術にも広く活用されています。無人航空機によって、今まで1方向的だった競技の映像が様々な角度から捉えられるようになりました。

どちらかと言うと競技の撮影そのものより競技を魅力的に表現するという面で、とても大きな意味があります。既存の技術ではほぼ不可能だった、真上からの撮影も可能となります。サッカーやラグビーなどのようなスポーツではポジショニングの分析などにも活用が期待されます。赤外線カメラを導入することで、競技の際の観客や選手の熱中症対策にもつながります。

不動産物件では、物件全体の写真の様子や物件周辺の様子なども捉えることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です