ビジネス/オフィス, 撮影, 航空機

航空機撮影に適したカメラの選び方

鉄道が好きで鉄道の写真が好きになる方もいれば、飛行機に魅力を感じ綺麗な写真を撮りたい方も多くいます。また、カメラが身近な存在になり、飛行機を被写体として捉える方が増えてきつつもあります。しかし、航空機の撮影は天候に非常に左右されたり、スピードが速いため航空機をカメラに収めることが難しいと感じる方もいます。そんな航空機を撮るに中で重要になってくるカメラの性能は、AF精度と連写性能となっています。

まず、AF精度とは、自動でピントを合わせてくれる機能の精度のことです。この性能が高ければ高いほど動きに追いつきやすく、ピンボケのない写真を撮ることができます。写真撮影では特に、対象に対して素早くピントを合わせることができるかどうかが重要となっています。逆にAFの精度が低いと、ピントが合わずにピンボケした写真になったり、シャッターチャンスを逃してしまう原因にもなります。

次に連写性能とは、飛行する機体の一瞬を逃さないための機能です。空港は郊外にあり、飛行機を撮影する場所から見ても木々があったりと障害物も多いため、自分の納得の行く写真を1回で撮ることは不可能に近く、非常に高い技術力や経験が必要です。機体が写真に収まっていれば十分と思う方はこの連写性能にこだわる必要はありませんが、少しでも良い写真を撮りたいなどの強いこだわりを持っている方は、良いタイミングをおさえるためにも連写性能も高いものを選択することをおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です