ビジネス/オフィス, 撮影, 航空機

無人航空機を利用したカメラ撮影による観光効果の上昇

無人航空機によるカメラ撮影は、観光業界に大きな変化をもたらしました。SNSなどで情報発信が容易になっていることもあり、今後様々な自治体での活用が期待されています。雄大な自然や街並み、景色などを撮ることによって、観光地の魅力を最大限に引き出すことができます。とりわけ観光効果が多いとされるのは、山がちな地形にある観光地、尾根線上にある観光地などが挙げられます。

また木がほとんどない、開けた土地の撮影にも効果的です。まるで鳥の視点に近いような、迫力ある光景をカメラで撮影することができます。また法律上の問題で有人の航空機が立ち入ることが難しいような場所でも可能になる場合があります。自然を堪能できるような遊歩道の場合、普通に歩いて観光することももちろん魅力的ですが、さらに上から見て広がる光景を届けることで、新たな魅力を観光客に再発見させることもできます。

ヘリコプターによる撮影とは違い、無人航空機は基本的に電力で動くため環境にも非常に優しいです。状況によっては、鳥の大群に追従して撮ることなどもでき、それらの映像の組み合わせによってさらに魅力を高めることができます。パンフレット等の写真掲載に使用するような静止画のカメラ撮影も可能です。現代は動画投稿サイトに気軽に投稿できるため、それらやSNSなどで手軽に反響を広められる時代に、気軽に投稿できることを考えると、費用対効果の面で考えても今後の活用が広く期待されます。

航空機のカメラ撮影のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です