システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

空間情報についての解説

ネットが普及した今日においては、googleマップなどの地図サービスでそれぞれの場所に関する多くの情報が公開されています。そこには施設名や建物に入居している店名だけではなく、その内容に関わる情報も付加されます。例えばコメントがその例で、「景色が良い」「料理が美味しい」「駐車スペースが少ない」などの情報を寄せています。これらのような一定の場所や領域に関わる情報、またはその場所に関連する情報のことを「空間情報(地理空間情報)」といいます。

空間情報は様々な形で利用されます。それは一般人による店舗の検索を始めとして、建物や店舗の建設計画、災害時の被害状況の把握、地域の防犯、地図に各種の情報を付加した旅行本の製作などに役立てられています。各種の地形・空間に関わる情報には専門家や研究者、行政機関などがGPSなどを用いて収集したデータもあります。国土地理院が公開している地図データなどがその例で、狭義ではそのような情報を指す言葉でもあります。

それぞれの場所や空間に関わる情報はその利便性によって、人々の暮らしをより豊かにすることができます。人が目的に沿った場所に行くにはその場所の情報が必要で、目的の達成には欠かせないものです。また、その情報は行動する動機やその意欲にも深く関わります。例えば、温泉の場所の情報にその浴室の風景の画像が付加されているとその場に行きたくなる、という具合です。

その目的達成や動機形成などに役立つ情報が、過去から現在に至るまでリアルタイムで更新・公開され続けています。空間情報のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です