システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

地理空間情報の様々な活用

現代の生活において、地理空間情報の存在は欠かせません。どの施設がどこに位置しているか、施設に限らず地上にある様々なものは、場所の情報を電子媒体で示されることによって、気軽に行くことが可能となります。身近なところでは、カーナビゲーションシステムが挙げられます。近年では、スマートフォンやインターネット上でもこうした技術を活用することができます。

カーナビゲーションと同じように指定した場所まで案内してくれる機能を持っています。民間企業においては、特に小売業において地理情報システムと呼ばれる空間情報の1種を活用することにより出店計画を立てて効率的な経営を目指すことも可能です。また災害時における空間情報の活用も期待されています。災害後、火災の発生や建物の倒壊などの被害情報を市民が寄せることによって、被害の全容をいち早く把握し、救助を迅速にすることができます。

2005年にアメリカ合衆国にハリケーンが襲来した際は、地理空間情報システムにより被害が市民によって逐一報告されたケースがあります。また、航空レーザー測量を利用した地形図も空間情報の1種となります。日本は山がちな地形のため土砂崩れなどの災害が非常に多いですが、地形図を活用することにより事前にどのあたりが被害を受けやすいか予測でき、それを示したハザードマップを作成することができます。津波の予測にも広く使われており、指定避難所の決定にも用いられます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です