システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

オフィス内の空間情報を把握して快適環境を

企業にとって、スタッフが全力で仕事に取り組み成果をあげてくれることは、とても大切なことです。企業は人なりとも言われますが、その人の持つマンパワーを如何にして最大限引き出すかが大きな課題となっています。モチベーションや動機付け・モラールアップなどは生産性向上のために欠かせないものですが、快適なオフィス環境を構築することも重要な要素のひとつです。昨今のオフィスでのデスクワークも、これまでとは随分と変わってきました。

カフェのような広い空間に心地よい空調が施され、どのテーブルに誰が座って仕事に取り組んでいるか、今何をしているのか、体調は万全なのかといった情報がコンピュータによって把握できる時代に突入しました。いわばオフィスの空間情報を把握し、快適な環境を維持することで仕事の効率化を達成しようとするものです。これには、照明・空調・デスクの配置など、さまざまな角度からスタッフ全員のデータを収集し、ひとつの空間情報としてクラウド内でデータベース化していくことが求められます。外勤から戻った社員には、出来る限り涼しい場所が求められますし、涼しすぎれば夏にカーディガンを羽織るような事態に陥ります。

この制御は人の勘や経験で行えるものではなく、空間情報を制御するソフトを導入し、オフィス全体の環境をその時々に応じた快適なものにしていく必要があります。贅沢だと思われる方がいるかもしれませんが、時代は人を優しく包み込む時代へと変革を遂げている事実を改めて認識することが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です