Skip to content

欧米からのスノボー旅行者が増えている北海道

北海道はスノボーやスキー旅行によるインバウンド需要が増えています。

その理由は雪質の良さにあります。欧米人は雪質に大いにこだわります。その理由はアジア人に比べて四季のある国で生活しているので、国内でもいくらでもスキー場があり、上質な雪質を求めて世界中を飛び回ることに離れているからです。なぜ日本へのスノボー旅行が増えているのかという理由ですが、南半球からの旅行客が日本の雪質の良さに目をつけたのです。オーストラリアは南半球にあり、日本とは季節が逆です。

日本が冬の時には南半球のオーストラリアは夏に当たります。国内はシーズンオフであっても、日本へ足を伸ばせば優れた雪質でスノボーを楽しむことが出来るとあって、北海道のニセコなどに外国人がこぞって押し寄せるようになりました。北海道も観光産業に力を入れているため、外国人観光客を積極的に受け入れています。インバウンド需要を期待することが出来るため、ニセコの街は大きく変容しました。

森に囲まれた北海道の中に突如として現れる繁華街がニセコであり、すれ違う人の殆どが外国人という環境にあります。英語が飛び交いまるで日本ではないような雰囲気になっています。日本の大学生たちもウィンタースポーツを楽しみながら英語を学ぶことが出来るとあって、この地にリゾートバイトにやってくる人が増えています。欧米からの需要が高い一番の理由は、やはり環境が素晴らしく雪質に優れていることです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *