Skip to content

尾瀬ヶ原バスツアーは夜行日帰りもある

尾瀬ヶ原への日帰りハイキングに行きたい時、バスツアーを使えば鳩待峠までバスに乗ったまま行くことができます。

しかし、朝8時頃に新宿駅を出発するバスツアーでは、尾瀬ヶ原に到着するのはお昼を過ぎてしまうなど、とても日帰りで行くことが難しいケースも多いと言えましょう。こんな時に便利なのが、夜行便の日帰りバスツアーです。夜発になるので寝ている間に鳩待峠に到着できる、しかも早朝4時や5時頃に到着するわけですから、朝8時頃には尾瀬ヶ原湿原に到着できるメリットもあります。

湿原にはいくつかの山小屋があり、小屋の近くであればガスコンロやガソリンコンロの利用ができる場所も多いので、朝食を作って食べることもできます。夜行便を利用したツアーの場合は、尾瀬の入山口にいち早く到着できる方法ですから、1日の行動時間を長く作ることができるメリットがあるわけです。

さらに、夜行のバスツアーの中には山岳ガイドさんが添乗するものもありますので、初めての時など、色々な話を聞きながら散策ができる魅力もあり、個人で計画するのとは異なる魅力に繋がって来ます。帰りも、出発時刻までに集合場所に戻れば良いので自由に尾瀬の中を散策できますし、バスツアーには入山口と下山口が異なるプランを用意しているものもあるため、最初にコースマップを入手する、出掛けてみたい場所をガイドブックで探す、コースを決めた上で、プランに合うツアーを選ぶ方法がお勧めです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *