Skip to content

尾瀬のバスツアーは日帰りブランもあります

尾瀬へのバスツアーは出発時刻が朝8時頃の場合、鳩待峠や大清水に到着するのがお昼頃になるため、日帰りハイキングではなく、山小屋泊まりや、湿原エリアの軽めな散策をして近隣にあるホテルや旅館に宿泊するプランが多いようです。

もっとも新宿駅や池袋駅などを朝5時頃に出発するバスツアーがあれば、登山口にも早く到着できるので、日帰りも可能になります。しかし、新宿駅や池袋駅に早朝行くことができない場合は利用することかできませんし、利用者の数も期待ができないなどからも、出発時刻が朝の8時前後になっているわけです。日帰りで尾瀬に行きたい、しかもバスツアーを使って行きたい人は前夜発の夜行便を使うのがお勧めです。

ちなみに、バスツアーの魅力は尾瀬の入山口でもある鳩待峠を初めとする、大清水や沼山峠、御池などにダイレクトに行くことができる点や交通費が安くなるメリットが挙げられます。夜行便の場合は、夜の9時頃から11時頃に新宿駅などのターミナル駅を出発するため、会社を退社した後に集合場所に出向くことができるなど、時間的な余裕も生まれます。

一旦家に戻るとなると大変ですが、会社から直接バス乗り場に行けるため、夜行のバスツアーを利用する人が増えています。尚、尾瀬の日帰りハイキングはどこから歩き始めるのか、数ある登山口でコースも変わるため、最初に尾瀬の中でもここは外せないなどの場所を選んでおきましょう。行く場所が決まることで、どこから歩き始めるのが最適であるのかが決まり、バスの目的地とマッチする夜行バスのツアーを選べば良いのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *