Skip to content

海外行きのパッケージツアーの注意点

旅行会社で取り扱っているツアーのプランとして、鉄道や飛行機、宿泊、食事などの料金がパッケージとなっており、しかも見学先などがあらかじめ決められているために、参加者としてはあまり手間がかからない、パッケージツアーとよばれるものがあります。

こうしたパッケージツアーのなかでも、目的地が国内である場合は別に問題にはなりませんが、海外である場合には、ときにはみずから手配しなければならない手続きなどもありますので、注意しなければなりません。たとえば、海外旅行の場合には、期限がまだ到来していない、有効な状態のパスポートをもっていることが必要です。

したがって、パスポートをまだもっていないという場合には、都道府県が設置しているパスポートセンターなどに何度か出向いて、申請と受け取りの手続きをしなければなりません。その際には、戸籍謄本や証明用写真などといったものを準備しなければならず、ある程度の日数をみておいたほうがよいといえます。

また、国によっては査証、ビザとよばれるものが必要であり、もし事前に取得していない場合は入国を断られてしまう可能性がありますので、こちらも要注意といえます。ビザについては相手国の領事館、大使館などに出向く必要があるため、旅行会社で代理してくれることもありますが、やはり必要書類などをそろえておくことになりますので、こちらがそうした書類を準備する時間と、申請から交付までの時間の、両方をあわせて余裕をもった対応をすることがたいせつです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *