Skip to content

フリープラン型ツアーのデメリット

個人で旅行しているような気軽さが人気となり、近年人気を集めているのがフリープラン型ツアーです。

旅行中にトラブルに見舞われたとしても、連絡することで適切な対処を行ってもらえるなど、手厚い対応が安心材料になるとして話題になっているのです。ただし、個人旅行ではないためやはりツアーならではの制限が存在するので、現地で慌てないために事前に知識を得ておくようにしましょう。注意すべき点は複数ありますが、滞在中は一箇所に留まるということを覚えておいてください。当然街のみならず宿泊するホテルなども基本的には一箇所に限定されています。

つまり、ツアー中全ての行動は宿泊先が起点となり開始する必要があります。近隣のエリアに足を伸ばし、居心地が良く感じられたとしても宿泊のためには、契約しているホテルに戻らなければなりません。あまりにも居心地が良く感じられ、離れたくないという場合は宿泊代金を自己負担することにより実現させることはできますが、大きな金銭的な負担になってしまうでしょう。

トラブルが起こった際は、ツアーを提供している旅行代理店に連絡を行えば対処法を教えてもらうことができますが、警察に行くといったことは個別で行わなければなりません。一般的なツアーの場合は添乗員が同行しているので、添乗員が全ての事柄について手厚くサポートしてくれるので安心感があることを考えると、大きな不安材料になってしまうと言えるでしょう。
沖縄の旅行パックのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *